Written by J.S.Noah

全財産ゼロ円の僕が投資を始めた経緯

Freelance Life 節約術

こんにちは、ノアです。
先日こんなツイートをしました。

なんか耳にするけど、なんかやらない。投資ってそんなものですよね。僕もそうやって何年も触れずに生きていました。

この記事では、もともと投資に興味のなかった僕が、あえてお金のない時に投資し始めた経緯を説明します。読み終わる頃には「自分も投資やってみようかな」くらいのモチベーションが与えられるかと思います。

スポンサードサーチ

公務員が安定していると思えなかった【安定とは】

安定の仕事の代名詞といえば「公務員」ですが、本当に本気で安定しているでしょうか。

そもそもですが、僕は身体が弱いのでサラリーマンとして会社で働けません。フリーランスになったのはそれが理由ですが、思った以上に稼げなくてかなり悩みました。それで稼ぎ方についていろんな記事やYouTubeを見あさったのですが、投資について真剣に考え出したのもそのタイミングです。確かフリーランス2年目くらいだったかと思います。

参考までに当時の僕の月収を公開しておくと、ひどいと0円、良くても15万円ほど。ずっと全財産ゼロでした。シンプルにひどいですよね。当時はかなり痩せたのでダイエットは成功したと思っています←

お金を稼ぐとは

みなさんは「お金を稼ぐ」ことをどれくらい真剣に考えていますか?これは人生論にも繋がってくるかと思いますが、「どれくらい稼ぐと自分は幸せか?」こうした問いかけは意外と避けて通っている方が多いかもしれません。

  • 良い学歴を持って、良い会社へ就職する。
  • 年収500万円ほど稼いで安定した人生を手に入れる。

この価値観は割と当たり前ですよね。僕は幼少期「公務員になりなさい」と言われて育ったのですが、正直その言葉を信用できなかったんですよね。理由は「なんで?」という問いかけに合理的に答えられる大人が周りに1人もいなかったからです。

お財布の安定 ≠人生の安定

『安定するから』一見まともな答えにも聞こえますが、果たしてそうでしょうか。

別に好きでもない仕事で安定した給料をもらう。人間関係では愚痴や文句が増え、生活は乱れる。忙しい仕事に追われて食生活も乱し、40代前後では内臓も荒れる。医療費はどんどん上がります。

一方、好きな仕事をしてまあまあな収入を得る。好きな仕事をしている同士で気が合うので職場での人間関係も良好。生活は自分でコントロールし、食に気を使う余裕もできる。40代前後でも内臓とか健康。

僕はシンプルに考えて後者の方が人生が安定していると思ったので、公務員は選択肢から外しました。余談ですが、僕は元ジャズドラマーで、苦労はあれど最高に幸せな毎日を過ごしていました。

幸せになれる金額=満足に暮らせる金額

「どれくらい稼ぐと自分は幸せか」って聞くとちょっと難しいですが、簡単に言うと「いくらあれば自分は満足に暮らせるか」といことで、この金額は人それぞれです。ちなみに僕の例で言うと、ざっくり毎月10万円あれば幸せに暮らせます。

あなたの生活コストを知ると良いです

以下が僕の毎月の生活コストです。

  • 家賃:65,000円(東京在住)
  • 食費:15,000円
  • 通信費:5,000円
  • ガス・水道・光熱費:7,000円
  • 雑費:8,000円
  • 合計:100,000円

アップダウンはありますが、大体10万円あれば僕は幸せに生きていかれます。
もちろん住む場所を変えればもっと安くなりますね。

生活コストを投資で稼ぐ

月々の生活コストがはっきりしたところで、こう思ったりしませんかね。「この生活コスト、不労所得でまかなえないかな…?」ちょっと怪しい話に聞こえてきますね。

わかりやすく伝えると「投資の配当金で10万円まかなえないか」と、僕は考えました。

先にお伝えしますが、CMや広告などでよく見る「たった一晩であなたの1万円が100万円に!?」みたいな話は、控え目に言って99%が罠です。
冷静に考えて、仮にそんな稼げる仕組みをあなたが知っていたとして、ホイホイ人に教えますかね。ホイホイする理由はシンプルに、ホイホイされた人数分その人が儲かる仕組みがあるってことです。
なのでその辺は気をつけましょうね。

さて、ここまでの話の流れで「とか言いつつ投資は勧めてくるなんて、こいつ、何が目的だ…?」と感じますよね。
目的はと聞かれるなら、僕みたいにお金で死ぬほど苦労される人を1人でも減らすのが目的です。お金の苦労ってかなり辛いですからね。

さて、たしかに投資の中にも危ない(リスクの高い)ものは存在します。高配当株、FX、バイナリーオプション、ロボテックアドバイザーなど。投資ではないものも含めていますが、このあたりは初心者の僕には稼げない部類です。たまに一晩で5,000万稼いだ主婦の話とかを耳にしますが、一部の天才を除けば基本的にそういうのは空想だと思った方が良いです。ツチノコを見つけるほうがまだ可能性あります。

では現実的に10万円を投資で稼ぐためにいくら必要になるか。結論から言うと、3千万円の資産があればほぼ安定的に毎月10万円の配当金を受け取ることができます。

3千万なんて無理や!と聞こえてきそうですが、そこまでの道のりをわかりやすく解説してくれている方々のYouTubeリンクを貼っておきますね。

両学長 リベラルアーツ大学|第96回 【銘柄も例示】配当金生活のためには、いくら用意して何に投資すれば良いのか?【株式投資編】

BANK ACADEMY / バンクアカデミー|【完全ガイド】つみたてNISAのやさしい始め方!口座開設から投資信託の購入方法まで徹底解説

投資で稼ぐと時間に余裕ができる

とはいえ、そもそも3千万円なんて大金ないし、あったとしてもそんなリスクは取れないよ!って方も多いですよね。もちろん「今日から3千万円を投資にまわしましょう!」とは言いません。
僕は毎月コツコツ積み立てで投資をしており、65歳を目処にその資金を調達する予定です。年金に頼る必要もなくなりそうです。

少し話がそれましたので本題に戻しますね。 金額の大小は人それぞれですが、投資で1万円でも稼げるようになると時間に余裕ができます。
一般的なサラリーマンはご自身の時間を切り崩してお金に代えているので、お金が増えるっていうのは時間が増えるのと同じなんですね。

月1万円、年12万円、お金が勝手に働いてこの金額を稼いでくれるならシンプルに嬉しくないですか? 月1で家族とちょっと贅沢ご飯を、半年分で家電の買い替えを、年に1度の海外旅行を。自分を豊かにしてくれる浪費が十分できそうですね。

当然リスクもありますが…

これは当時の僕もそうでしたが、株式などの投資にはリスクのイメージが強いと思います。なぜかというと実際リスクがあるからなのですが、これは上記であげた高配当株やFX、デイトレードなどのイメージが強いからなんですね。
僕のやっている積み立てインデックスや積立NISAなどは、長期型の投資に部類されます。「65歳までに資産を〇千万円にする」というイメージ感なので、1日2日で値動きがあってもあまり関係ないんです。

僕が投資をおすすめする理由の1つですが、実際にやってみるとリスク感がわかってきます。何をするとリスクが増えて、何をするとリスクが軽減できるのか、など。

百聞は一見にしかず、そして経験は一見にも勝ります。

お金が本当にない、リスク取るのは嫌だ、って方は僕がスタートした時みたいに楽天ポイントで始めるのもおすすめです。僕は今でも楽天証券口座で積み立て投資の取引をしており、手数料も他銀行と比べてダントツにお得ですよ。

楽天証券|口座開設

百聞は一見にしかず。そして経験は一見にも勝る

(自分で言ってちょっと気に入っちゃった。)

投資の経験でリスクを知れるのは、要するにあなたのマネーリテラシーが高まっている証拠でもあります。

残念ながら今の世の中ではお金にまつわるあれこれを教える仕組みが整っていないので、これを機に勉強してみると新しい世界が広がるかもです。

1万円のリスク(教育費)を取って、将来の数百万、数千万円を稼ぐ可能性を学べるなら、たぶんそれは最安な投資になるかもです。

☕︎ ☕︎ ☕︎ ☕︎ ☕︎

Have a good day ☕︎