【報告】人生2度目の “残高0円” になった話【ハンカチ必須】

こんにちは、ノアです。


先日こんなツイートをしました。

https://twitter.com/j_s_noah/status/1154410778155352064


世の中には「頑張りたいのに頑張れない」って人が必ずいます。

怪我、病気、きっかけは何であれ、案外身近なものです。そして2019年はまだそういう人が稼げない仕組みなんですね。

だから自分は今月も淡々と積み重ねて、怪我人でもフリーランスとして余裕で稼げる事を宣伝します。時代は移りゆく🍂


僕はツイッター上でどうやら「怪我していても稼げる!」と豪語してしまったようです。


しかし、題名の通り今回またしても(人生2度目の)残高0円に到達しました。
ここまで来るともはや誇らしく思えてきます。


という事で今回は、なんでお金が無くなってしまったかを冷静に記事にしていこうと思います。


✅更新しました(2020年1月4日)

この記事を書いてから5ヶ月で、月収20万円に届く勢いで収益を爆上げしました。いつも応援、サポートをしてくださっている皆さんに感謝です。



スポンサードサーチ

【報告】あなたにリアル「お金ない」を教えてあげます


さて、今回は何も包み隠さずどんどん生々しい話をしていきますよ。

恥ずかしげもなく堂々と載せたこちらの画像は、今の僕の全財産がしまい込まれている銀行口座の画像です。


ずばり、【52,089円】が僕の有り金全部です。


これでもかなりリアルな【お金がない・金欠】ですね。

ちなみに『金欠』とは以下の事を指します。

✅ 金欠
金銭を持っていないこと。(出典:デジタル大辞泉)


そして『金欠&お金がない』人には1つの特徴があります。


✅ 金欠 / お金がない人の1つの特徴

✔ 一周回って元気になる


僕自身、逆にお金の支配から解放されて自由になりました。

“お金ないって、まだ5万円あるし…”


“お金ないとか言ってるけど、まだ5万円もあるじゃん!”

これは僕の先日までの心の声でしたが、この風前の灯火に容赦なく波が押し寄せてきます。


52,089円 – 54,442円 = -2,353円。ん、マイナス?


そう、クレジットカードの来月分の引き落とし金額が、僕の全財産を上回ったのです。

✔ これがまさに「お金がない」です

お金がない僕が試した5つの事


本記事で詳細までは触れませんが、お金が無くなるまでの間はもちろん何もしていなかったわけではなく、数か月間ずっと格闘していました。


僕が実際に試したものは以下の5つです。

お金がない僕が試した5つの事
  1. 働く
  2. 失業保険
  3. 障害者手当
  4. 医療保険
  5. 傷病手当金

その1.働く

こちらの記事ではじめましての方は恐らく「こいつニートか?」とお考えになるかと思います。

結果的にはニートです。


とはいえ、なぜこんな事態に陥ってしまったのか理由はあります。こちらでは割愛しますが、詳しくはプロフィールページをご覧ください。

▸参考URL:J.S.ノアのプロフィール


簡単に説明すると、僕の腰の骨は剥離骨折のような状態になっており、医学的には一生治せないようです。


今年の2月に1カ月働いてみましたが、痛みが酷くて仕事どころではないので辞めました。

✔ 働く → ×

その2.失業保険

働けないとわかったらまずは『失業保険』の申請ですね。

しかし、ここには罠がありました。


失業保険の受給条件には次のような項目があります。

✅ 雇用保険に12ヶ月以上加入をしている


2018年12月までアメリカに住んでいた僕はこの基準に達しておらず、その他にもいくつかの条件に当てはまっていませんでした。

✔ 失業保険 → ×

その3.障害者手当

次に目を付けたのは『障害者手当』です。

なんせ僕の腰の容態は時に歩けなくなる程の重度なので、ここの審査はさすがに通るだろう、と考えたわけです。

という事でさっそく【身体障害者障害程度等級表】なる仰々しい表を確認。


しかしそこに記されている障害の度合いはどれも、僕の容態とは比べ物にならないくらいのものでした。(全ての指の機能を全廃するもの、など)

障害者手当 → ×

その4.医療保険

障害者としての手当てがダメなら、せめて生命保険や医療保険での手当は出るだろう、との考えから、計3社の保険会社へ相談へ行きました。


結果、「あなたの腰の容態の場合、ほぼ確実に毎月の保険金が下りる。」との結論により全社NG。


冷静に考えれば当たり前の事ですね、保険会社が100%赤字になるようなお客さんとは契約はできません。

✔ 医療保険 → ×

その5.傷病手当金

さて、最後の望みとしてマイナーな手当に手をつけました。


そもそも『傷病手当金』なんて聞いたこともない方がほとんどだと思います。

これは全国健康保険協会が出している保証で、中には申請すれば手当がもらえる人もいるんじゃないでしょうか。
▸参考URL:傷病手当金(全国健康保険協会の公式ウェブサイト)


こちらがダメだった理由は、『待機期間』という基準に満たなかったためです。


これは簡単に説明すると、怪我をして会社を3日間以上連続で休んだ期間を指し、この待期期間が3日に満たない場合は申請することができません。

✔ 傷病手当金 → ×

お金がないのに平然としている理由


ここからは僕の個人的な価値観なので、適当に読み流してください。

僕はこれで人生2度目となる『全財産0円』を経験しました。そして気が付いた1つの真実がこうです。

✔ お金じゃ幸せになれない

月が明るいのは空が暗いから

夜、空に浮かぶ月をはっきりと認識できるのは、辺りの空が暗いからです。


何を言いたいかというと、お金の本質は『お金ある』と『お金ない』の両方を経験した時にはっきりと認識できる、という事です。


僕は18歳から21歳までの3年間、必死で働いてお金を稼ぎました。

結果、だいたい400万円程稼ぐことに成功し、全額自腹を切ってアメリカに3年半住みました。なので(400万なんてはした金ですが)お金を持っていた時期も経験しています。


それでもアメリカ生活で痛感したのはこうです。


✔ 人は1つ理想を手にすると、次の理想を求めだす


人の欲に際限がないのは仕方のないことです。
iPhone11を手に入れてもいつかは飽きる、そして新しい物を求めます。


僕が今お金を失っても平然としていられるのは、お金ではない本当に大切なものに気が付けたからです。

スポンサードサーチ

【結論】お金はなくても豊かになれる


忙しい日常の中で人々は大切なものを失っていきます。

良くも悪くも、お金を追いかける事の出来ない僕にはその『大切なもの』が返ってきているようです。


それは家族であり、仲間であり、身の回りへの感謝です。


僕には「金なんてなくても良いよ、飯行こう!」と言ってくれる仲間が何人もいます。

別におごってくれるから好きなんじゃなくて、まあおごってくれるのは好きですが、ポイントはこうです。



『お金』という対価を払ってでも僕に会いたい、と思ってくれる人がいる事に気が付いたわけです。



もちろんお金は生活を豊かにしますし、今の時代を生きている限り必要にはなるでしょう。でもそれを追いかけ過ぎるがゆえに失うものは大きいです。


生きる本質を見失ってはいけませんね。あなたは幸せになるために生きているわけですから。

まとめ

全財産が0円になったフリーランスが幸せに生きている理由をまとめている画像


今後もこのブログでは、怪我や病気をしていてもフリーランスとして稼げる方法を紹介していきます。

ちなみに今の僕が携わっている仕事は以下の4つです。

  • 本ブログの運営
  • Webデザイニング・Web制作
  • 広告デザイニング
  • 某企業さんの管理・事務職


✅合わせて読みたい、あなたへのおすすめ記事