【必見】スキルゼロの僕がフリーランス9ヶ月で20万円を稼いだ方法

こんにちは、ノアです。


2019年4月からフリーランスになり、先月で9ヶ月目となりました。

そして先日こんなツイートをしました。

✅フリーランス9ヶ月目の運営報告

▼案件
・ウェブ制作/ レクチャー:4件
・デザイン:7件
・音楽:1件

▼収入
・ブログ収益:148円☕︎
・上記の収益:195,568円🙌

●総収益:195,716円🌹

フリーランスになって9ヶ月
必死で頑張ったら20万近く稼げるようになりました!

(3枚目はデザイン案件)


僕は腰の骨が折れており(腰椎分離症)一生痛みと付き合っていかなければいけないのですが、症状が悪化したので去年の4月に急遽フリーランスになりました。


▸参考URL:J.S.ノアのプロフィール


未経験の状態から本当に稼げるのかが不安でしたが、9ヶ月頑張ったら20万円近く稼げるようになったので報告です。


この記事では、未経験&スキルゼロだった僕がどうやって20万円も稼げるようになったのかを公開します。


スポンサードサーチ

【必読】フリーランスで9ヶ月頑張ったら20万近く稼げた話

フリーランスで9ヶ月頑張った結果20万円近く稼ぐことができた画像


僕がフリーランスになった事の発端としては、上記で挙げたように腰骨の骨折により就職難に陥ったのが原因です。


元々ジャズドラマーの僕には当然フリーランスとして働いていくスキルなんてものは皆無。(というより “無理” と思い込んでいた。)


かなり途方に暮れていましたが、ある友人から送られてきた1本のYouTubeで人生が変わりました。


✅プログラミングで「月5万円」を稼ぐために必要な学習時間を解説する(by マナブさん)



要約すると「3~6ヶ月頑張ればプログラミングで月5万円稼ぐのは割と簡単ですよ。」という内容の動画でした。


動画を見る限り本当に現実的で、また収入がゼロの僕にとって “月5万円” はまさに目指すべき目標でもあったので5秒後に勉強をスタートしました。


そして単純な僕がマナブさんに感化されてすぐさま始めたのが以下の3つ。


✅フリーランス初月に始めた3つのこと

  • プログラミング学習
  • 当ブログの執筆・運営
  • SEO&ウェブ運営の勉強


パソコンは元々好きではありましたが、実はプログラミングやウェブ運営なんて絶対にやりたくないと思っていたジャンルです。


その後は数ヶ月間に渡り挑戦と失敗を繰り返し、少しずつ収益を上げていきました。


とはいえ、どうしても10万円のラインに届かず大きな壁となっていたのもまた事実。


もちろん怪我があるので身体的にも無理ができない中、挑戦を続けてみたら10万円どころか、20万円に達する勢いで収益が爆上がりしました。

可能性がありすぎる?2020年はフリーランス時代?!

フリーランスでも十分に稼ぐことができる事を示唆する画像


この流れで書くと「こいつ本当にプログラミングとブログだけで頑張ったんだな…」となりそうですが、実はプログラミングは挫折しました。


厳密に言うと、3ヶ月間努力している最中に友人たちからいくつかお仕事の依頼が入り、そこを皮切りにフリーランスとしての職業幅を広げていったわけです。


✅フリーランスとして挑戦した仕事

  • プログラミング
  • ブログ運営
  • アフィリエイト
  • 音楽業
  • 翻訳・通訳
  • 広告デザイン
  • Webデザイン
  • 小企業の管理職



音楽や英語に関しては元々の得意分野でしたが、それ以外の6つは完全初心者、スキルゼロ、ポテンシャルもやる気もゼロでした。


とはいえ、仕事を自由に選べるのがフリーランスの特権でもあるので、とにかく挑戦してみて自分に合う仕事を探しました。


会社勤めだから挑戦したいけど忙しくてできない、
会社が副業を禁止している、という意見をよく見かけますが、フリーランスにはそのしがらみが一切ありません。


もちろんフリーランスが安定しない事実もありますが、一方で通勤時間含めて1日12時間近く拘束され、手取り20万〜30万しかもらえない会社勤めが心身の健康を守ってくれるのかも疑問ですよね。


その点でいうと、自分の能力を探りながら伸ばしながら、時代に合った働き方を自分で選べるフリーランスの可能性は無限です。


“メインの収入源として20万を稼いだ3つの仕事は全て未経験・スキルゼロだった” というのが何よりの証拠になると思います。


2020年はフリーランスが急増する時代かもしれませんね。

ビビり過ぎでフリーランス案件を取りに行けません


ちなみに、カッコ良く自ら仕事を取りに行っているのかと思いきや、僕はなかなか自分で仕事を取りに行くことができずにいました。


理由は恥ずかしながら、ビビっていたからです。
完全に未経験だったので、自信が一切ありませんでした。


仕事をどうやって継続して貰い続けたかは後ほど解説しますが、「私もビビって仕事を取りに行けないんです」っていう方の励ましになったら嬉しいです。



ちなみにこんな風に書くと「結局は運が良かったから20万も稼げたんだ」という意見も出るかと思いますが、安心してください。


しっかりどん底まで落ちますよ。

泣きっ面にスズメバチだった件

フリーランスとして苦労に苦労を重ねた経験を示唆する画像


そもそも腰の骨が折れている時点で泣きっ面なのは明確ですが、完全に働けなくなった結果、僕は全財産を失いました。


∇参考までに


強がってはみるものの、とはいえお金がなくなり、稼ぐための健康もない僕にとっては泣きっ面に蜂。


そんな中、畳み掛けるように襲ってきたのが “蜂窩織炎” という見たことも聞いたこともない病気でした。


詳しくは10月の運営報告に載せましたが、足の皮膚感染症のため約2ヶ月間は文字通り歩くことができなくなる始末。


いくらフリーランスが自宅で働けるとは言え、これは流石にシンドバッド・シンドロームじゃありませんかと、嘆きました。


✔ トイレにも行かれませんでした



完全に泣きっ面にスズメバチ状態でしたが、こんな試練を通ってやっとのことたどり着いたのが “フリーランスで20万円達成” というライン。


そして、フリーランスにとって一番大切なものに気が付いたのは皮肉にもこのタイミングでした。

スポンサードサーチ

【必須】フリーランスは特に人付き合いを大切にせよ

フリーランスにとって人付き合いが大切であることを主張する画像


僕のような完全在宅ワークのフリーランスが一番希薄になってしまうのが、まさに人間関係です。


朝から晩まで働くことができるフリーランスが陥りやすいのは明確ですよね。


しかし、幸か不幸か僕は健康を損ね、お金も失ったおかげで半端じゃない数の心配&お助けメッセージが届きました。


ここだけの話、上記で挙げたお仕事は全て皆さんの連絡から今に繋がっています。

ビビリなのでまず友達から仕事を取りに行く


先ほども書いたように、僕はフリーランスとしてスキルゼロなので自信が持てませんでした。


とはいえ、徐々に収益を上げることができたのにはわけがあります。

✔ 信頼する仲間から仕事を取りに行きました


ここで重要なのは “信頼する仲間” というポイント。

あなたが信じている人なら、きっと失敗を笑ったりもしませんからね。

初めは怖いですが、大丈夫です


ぶっちゃけ、広告デザインもWebデザインも初めは不安と恐怖でいっぱいでした。


でも、初めて行く国の料理を食べてみる感覚で、とりあえず一旦騙されたと思って食べてみましょう。

▶︎美味しい:継続できる = 稼げる
▶︎不味い:継続できない = 稼げない(やめてOK!)


続ける動機はなんでも構いません。


楽しい・つまらないけどなんか出来ちゃう・やりがい感じる

僕の場合、上記3つの内1つでも当てはまれば3ヶ月は継続するようにしました。

理由は、人間の脳は90日継続すると癖になる構造になっているからです。


それでも何かが違う、と思ったらすぐにやめちゃいましょう。
フリーランスとしてできる仕事は、知らないだけでかなり豊富です。


気になったものは試食してみる、この感覚が何よりも大切です。
僕も試食を繰り返した結果、20万円を生み出すことができました。


魚を提供してくれる友、そして釣り方を教えてくれる友、両者とも感謝しつつ大切にしましょう。

まとめ

フリーランスで9ヶ月努力したら20万円近く稼ぐことができた画像


2019年は自分にとってまさに地獄のような日々でしたが、なんとか密かに掲げていた “月収20万円” に達することができました。

友人・知人、ツイッター上の方々、様々な助けがあったからこそ努力を継続することができたと思っています。


本記事では「具体的に何をしたの?」といったところまでは深掘りしませんでしたが、それに関しては後日noteを公開しようと思っています。


対象としては以下の方々向け。

  • フリーランスでできる仕事を知りたい方
  • 月3万円を稼げる副業を探している方


販売価格はは300円にする予定で、
スタバ一杯我慢して月3万稼げるロードマップを手に入れるイメージです。


僕はマナブさんの具体的な部分とは対象的で「人間関係」「感謝」といった抽象的なものを大切にしていますが、お好きな方を自由に選べばOKです。


と言うことで以上、フリーランスが人間関係に感謝しつつ頑張り続けたら20万円稼ぐことができたお話でした。