ブログ1ヶ月目で500円を稼ぎました【毎日更新できません】

こんにちは、ノアです。


先日こんなツイートをしました。


恥ずかしながら今の僕の月収を堂々とさらすと、【597円】です。もはや笑いごとです。


とはいえ、ブログをはじめて1ヶ月でこの金額は良い成果です。

厳密に言うと、Googleアドセンスを始めたのが5月13日で、この記事を書いている5月31日現在で広告費が【1,080円】なので、数字としては悪くないです。


という事で、本記事ではブログを始めて1ヶ月で500円を稼いだ道のりを公開します。

スポンサードサーチ

ブログ歴1ヶ月で500円稼げた話【自慢】


今回はこの恥ずかしい金額を堂々と自慢したいと思います。

実はブログを始めた一か月目の収入は【0円~数百円】が一般的なので、相場で比較すると悪くない数字です。


もちろん初月で数千円以上稼ぐ方もいらっしゃるので、本気でブログで稼ぐ事を考えているなら色んな方を参考にすると良いです。


今回はそんな “そこそこ稼いだ道のり” についての紹介記事ですが、はっきり言うと、ブログで収入を得る事は可能です。

ちなみにアドセンス収益はもうちょい上です


本記事ではあくまで【ブログを始めた日=4月22日】からの計算で1ヶ月目としています。

Googleアドセンスの許可が下りて広告を貼り始めてからの1ヶ月だともう少し稼いでいます。


☑ アドセンス歴1ヶ月の収益

✔ 5月13日~5月31日(19日間)で1,080円


たったの2週間ばかりで4桁に届いたのはどう考えても読んで下さっている皆さんのおかげですので、本当に感謝です。


とはいえ、自慢話として紹介する以上僕が実際にしてきたことを以下の2つ+αにまとめて紹介していきたいと思います。



それでは詳しく解説していきます。

その1.SNSに積極的に発信する


まず初めに意識をしたのが【SNSへの投稿、情報発信】です。


僕はそもそもこのブログでは3つのジャンルについてしか発信をしません。

ジャンルを絞る目的

  • 留学(英語も含む)
  • 腰痛(分離症や対策など)
  • 働き方(ブログなど)


理由はシンプルで、このブログのブランディングの為です。簡単に説明すると、『このお店で手に入る物』を明確にする為です。


よく、書けるものをざっくばらんに書きまくる人がいますが、それだと一体そのブログで何を得ることができるのかがわからなくなってしまいます。


もちろん何でも手に入るドン・キホーテ並みのブランドになってしまうなら話は別ですが、それだと効率も悪い上、かなりの博打になります。

SNSはブログへの流れ道


SNSの運用をする場合も同じで、基本的にツイッターなどで発信する情報は上記の3つを中心に絞っています。


理由は、SNSから人々が、”それらの情報” を求めてブログへ流入してくるからです。


上記のようにブログのジャンルを明確にしているのにも関わらず、もし僕が以下のようなツイートをしたらどう思いますか?


確かに僕はコーヒーが大好きですが、今さら急にこんなツイートをすると完全にブログの方向性がブレていきますよね。

結局は人との繋がりです


SNS上で発信するうえでの一番大きなメリットは、【同業者との繋がり】が得られることです。


僕自身はブログなどを始める時にかなりの不安があったのを覚えています。

しかし、ツイッターなどで情報を発信し、色んな人を探していくとかなり多くの『同じ苦労をしている方』と出会いました。


✔ SNSへ発信 → 同業者と出会う → 励まし合ってモチベアップ → PV数と収益アップ


基本的に僕はSNSでは【励まし】【有益な情報発信】しかしませんが、それによって得ることができたフォロワーは直接自分のモチベーションに繋がります。


そしてあえて汚い言い方をするなら、”フォロワー数 = PV数” と直結していきます。


現にSNSで発信をすると記事を見て下さる方がいるのはデータではっきりとわかるので、積極的に続けていくと結果に繋がります。

その2.100%クオリティの記事を書く


次に徹底したのは、【書く記事全てを100%のクオリティにする事】です。

ここで「一体100%のクオリティの記事って何なんだ?」と疑問を抱くと思いますが、僕はそれを以下のように定義しています。


✔ 自分が読んで納得できる記事


ブログを日々書いていると、必ず他人のブログと比べてへこみます。

・〇〇さんは初めて数か月で月間数万PVいってる
・××さんの記事はかなり読みやすくて説得力もある


ただし、他人のブログはあまり指標になりません。なぜかと言うと、その記事はその人にしか書くことができないからです。

ラーメン屋でパスタは出ません


当然色んな人のブログを読んで分析したり工夫をすることは必要不可欠です。

しかし、それを自分のブログと “比較してへこむ” のは、少しズレています。
先ほどあげたように、ブログや記事にはその人特有の【ブランディング】があります。



例えば今あなたがラーメン屋に入ったとして、パスタを注文すると思いますか?

するはずもないし、注文してもお店だって作ることはできません。
要約するとこうです。

✔ あなたにしか作れない商品があります

イタリアンの店主のあなたが無理にラーメンを作る必要はありません。


見出しの冒頭で挙げたように、100%のクオリティとは、あなたが読んでいて納得できる記事の事です。

つまり、自分自身のブログの “愛読者” になれるなら、結果は後からついてきます。

逆に愛読者になれないのなら、改善していけば問題ないです。


ここで良く「結局は毎日更新ができないとダメなんでしょ?」という声が上がりますが、そんな事ありません。


結論から言うと、僕に毎日更新は無理です。

スポンサードサーチ

毎日更新はできません【でも稼げます】


大前提として、毎日更新ができるならそれに越したことはありません。

ただし、ここで主張したいのは “それができなくても稼げる” という事です。

プレッシャーを感じると質が下がります


上のトピックでも挙げたように、毎日更新をして結果を出している人がいると、それだけで焦ってしまうのも事実です。

ただし、人には色んな事情がありますよね。

例えば僕の場合、酷いと痛みで立てなくなる怪我を負っています。ある方は、毎日遅くまで残業をして疲れています。


そんな状況の中で “毎日更新をしないと結果が出ない!” と焦って記事を書くと、必然的にまとまりのない、価値のない記事が出来上がります。


もちろん記事数を増やすことに意味はありますが、内容の薄い記事で埋まったブログは、もやしでかさ増ししたラーメンと同じです。


✔ 書ける時にだけ、妥協しない記事を作ればOKです



この事に関しては、疑いと不安を感じるのは否めませんが、僕は現にこのスタンスで稼げるようになっています。


伝えたいメッセージがあるなら、それを読みたい人は必ずいます。そんな方々に感謝しつつ、長い目で書き続ければ結果は出てきますよ。

まとめ


今回の記事は完全に僕自身の自慢話でしたが、この実体験が少しでも励みになればと思います。


最後に、1ヶ月で500円を稼ぐことができた道のりをおさらいします。


  • その1.SNSに積極的に発信する
  • その2.100%クオリティの記事を書く


ブログのポイントは【気楽に】【気長に】です。


焦らず、一歩一歩進んでいけば結果は出るので大丈夫ですよ。