【攻略法】あなたの勉強法を改善します【超簡単:好きな事をするだけ!】

こんにちは、ノアです。


音楽に英語、プログラミング、考古学、コーヒーにワンピース(ひとつなぎの大秘宝の方)と、とにかく多趣味な僕に対してたくさんの人からかけられる質問がこちら。

”どうやって勉強してるの?”

特に学生だったり、覚えることが多いお仕事をしていると、ここは大きな課題になりますよね。今回はそんな悩みに対して1つだけ、超簡単なポイントを説明します。

スポンサードサーチ

あなたの勉強法を改善します【簡単です】

疑問から解決へ

ここだけ頑張って読んでください。


日本では戦後まもなく、アメリカ人にある意味「支配」された時代背景があります。文化や言語が ”よくわからない人たち” からの情報をただひたすら【聞く】時代がそこにはありました。

しかし、70年代後半から2000年過ぎにかけて、新しい情報がたくさん流れる時代に突入すると、今度は向上心や好奇心を自ら満たすために【読む】時代へと移り変わりました。

2019年は【見る・観る】時代

理由は簡単です。スマホやタブレットによってメディアにぐっと近づいたからです。

今回僕が上記のような面倒くさい説明をしたのには訳があります。それは、過去の2つの流れによる弊害を受けている人がたくさんいるからです。

要するに、

  1. 目上の人の言う事は「聞かなければ」いけない
  2. 覚えるためには「本を読まなければ」いけない
  3. 単語を覚えるときはひたすら「書きまくる」

こういった勘違いをしてしまっている人がたくさんいます。そしてこの勘違いこそが、あなたの ”勉強意欲” をそぎ落としているんです。

あなたの”好きな事”で十分伸びます

ここで伝えたいのはシンプルに、1つだけです。

☑ 好きな事で学ぶ

具体例を挙げてみましょう。

  • 音楽好きなら【聞く】のが得意
  • スポーツ好きなら【動く】のが得意
  • 絵描きさんなら【書く・見る】のが得意
  • 料理好きなら
    • レシピ通りに作れる人は【読む】のが得意
    • 直感で作れる人は【話す】のが得意

ここで書いたのはほんの一例であって、人によっては別のものの方がマッチしていたりもします。

僕は17歳で1年の海外留学を終え、帰国後すぐに英検準1級に合格しました。

※参考までに:
【悲報】”留学すれば英語が伸びる” は迷信!【徹底解説】

とはいえ、もともと僕は大の英語嫌いで、留学をスタートする1年程前に受けた英検3級は見事、不合格でした。
そこで僕が取り入れたのが【好きで伸ばす】という理論です。

参考程度に僕が何をしたかというと、その時好きだった音楽と絵画鑑賞をそっくりそのまま英語の勉強に合わせただけです。

具体的には、以下の2つだけ。

  1. 周りにいる知らない人達の会話に耳を傾けた
  2. 忌まわしき”単語帳”をただひたすら眺めた

そろそろうさん臭くなってきたので、まとめに入ります。

あなたにベストな勉強法

☑ あなたの「好き」と、やる気が起きない「学び」を結び付けましょう

理由はいたってシンプルです。
それは、好きなものは続けられるからです。

スタンフォード大学出身のB.J.フォグ博士はある講義で次のように話します。

Plant a tiny seed in the right spot and it will grow without coaxing.

小さな種を、正しい場所に植えなさい。そうすれば機嫌をとらずとも成長します。


Forget big change, start with a tiny habit

本を読むのが苦手な人はYouTubeで学べば良いんです。書くのが苦手な人は読書から蓄積すれば良いんです。

多くの有名ブロガーや著名人たちは、よく「2か月続けてみて」と言いますが、これは60日の習慣化原理に基づいた、ロンドン大学も推奨する方法です。

フォグ博士は、一度育った小さな種は、別の学びにも応用できると言います。

多分この記事を読んでいるあなたは何かしらの課題や勉強に追われていると思いますが、その小さな学びの種は、どこに植わっていますか?

スポンサードサーチ

結論:勉強はしなくてOK!

これは発想の転換ですが、好きな事をやる時に「勉強!」なんて考えませんよね。難しく考える必要は全くありません。

あなたの「好きな事」を通して勉強をする事が習慣化したら、極論学びは一瞬で「趣味」になります。


大事なのは、出来なかった時に自分を「よくやった、自分。笑」と称賛と微笑みで励ましてあげることです。

ゆっくりやりましょう!

旺文社英検ネットドリル