【実体験】腰痛持ちは気象予報士の素質がある話

こんにちは、ノアです。


先日このようなツイートをしました。


ここ数日の関東の荒れ模様は的中しているので、この記事の信憑性はある程度高いと思っています。あとは予報士の資格を取るだけです。


本記事では、意外と知られていない【天候と痛みの関係性】に関する情報を公開していきます。


腰痛だけでなく、「頭痛」「喘息」「ストレス・うつ(不安)」など、全て関係してくるので、“気持ちの問題” と思っている方は必読です。

スポンサードサーチ

腰痛持ちは気象予報士の素質があります


類が友を呼ばずとも、僕の周りにはたくさん腰痛や頭痛で苦労している人がいますが、その多くの人がこう言います。

天気が悪いとひどく痛む


僕はもともと体育会系の育ちのため、”低気圧で痛む” なんていうと「気合が足りないからだ」と頭を叩かれ、同時に頭痛も起こしていました。

調べてみると、やはり医学的根拠があるようです。


結論から言うと、僕たち痛み予報士たちは総じて “耳が良い” 傾向にあります。

詳しく見ていきましょう。

【気のせい?】いいえ、気象病という病気です


始めに断っておくと、この記事はどちらかというと “痛みのない人たち” に特に読んでもらいたいと思っています。


理由は、いわれのない痛みに加えて「気持ちの問題」とか言われるのがめっちゃしんどいからです。


当事者にとっては、急に【気象病】と言われることすらストレスになりますが、あえてその名前を隠さず出したのは、”治る” 事実を伝えるためです。


それでは当事者の方、傷をえぐるようにもう一度お伝えします。

✔ 気のせいではありません。”気象病”です。


ではなぜ低気圧が近づくと痛みが出るのでしょうか?

【原因】夫婦の仲と同じです


ざっくりとした原因は、【自律神経の乱れ】です。

結婚前後、出産前後はお互い不安や葛藤が増えますが、たいていの場合は男が不必要に盛り上げようとし、落ち着きたい女性をいらだたせます。

この場合悪いのはいつも男です。そうでなくとも、そうなのです。


自律神経も同じように、”交感神経(♂)” と “副交感神経(♀)” が似たような働きをし、結果バランスを崩して痛みや体調不良を引き起こします。

以下は、その結果起こる痛みや症状です。


☑ 低気圧から生じる痛み・症状

  • 腰痛、頭痛などの身体の痛み
  • めまい、吐き気
  • ストレス、うつ、不安


とはいえ、何をしていてもバランスは崩しますよね。そんな時に必要なのは、お互いの言葉をよく聴くことです。


ズバリ、注目のポイントは【耳】にあります。

スポンサードサーチ

耳が痛みを起こす理由


一見「耳」と「痛み」は繋がらないように思えますが、実は意外な関係があります。


難しい話は割愛するとして、簡単に説明すると、先ほど説明した【自律神経】と耳の内側にある【内耳(ないじ)】に繋がりがあるためです。


冒頭で “耳が良い” と紹介しましたが、厳密に言うと “内耳が敏感” なために起こる症状です。

多分あなたは乗り物酔いもしやすいです

これはあくまで統計上の話ですが、気象病で悩んでいる方の多くが、乗り物酔いをしやすい傾向にあります。

これも結局のところ、【内耳】のセンサーが敏感に揺れをキャッチしてしまうためです。


気圧の変化に敏感に反応し、脳に過剰な信号を送ってしまうために起こるのが【痛み】や【不安、うつ】です。


こうなってしまうと対処のしようがないと思ってしまいますが、実は誰でも簡単にできる対処法があります。

【不思議】耳から痛みを対処する方法


この記事をここまで読まれた方は恐らく、以下の対処はほとんど試されたかと思います。

  • 痛み止め
  • 漢方
  • 休む
  • 患部のマッサージ


もしそれでも痛みが良くならなかったら、是非【耳のマッサージ】を試してみて下さい。完治は約束しませんが、意外な効果があったりします。


☑ 医師もおすすめする耳のマッサージ法

  • 両耳を上下、横に引っ張る(5秒間)
  • 引っ張ったまま後ろに回す
  • 親指と人差し指で耳を上下からはさんで折り曲げる(5秒間)
  • 手のひらで耳全体を「の」の字にほぐす


耳まで傷めると本末転倒なので、必ず優しくやりましょう。


神経バランスの問題なので直接的に効果があるとはとても思えませんが、これはプロ腰痛師の僕もおすすめします。

痛みが気になる日、特に低気圧が近づいている時期は1日に3セット程やってあげると特に効果的です。


そろそろまとめに入ります。

まとめ


僕たちのように【気象病】を持っている方は実は少なくはなく、単純に気が付いていないだけ、という人も多いようです。


この記事の目的は以下の2つです。

✔ 低気圧で起こる体調不良には根拠がある事を知ってもらう
✔ 気象病で悩む予報士の芽を1つでも多く摘む



もし悪天候の時に何となく気分が悪くなるようなら、安心してください。

気持ちの問題ではないので、しっかり治療できます。原因がわかれば改善ができます。


1人でも多くの方の痛みが和らぐことを祈りつつ。